×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

:: プラチナ関連特設ページ ::


◆プラチナによる可能性、新たな金銀リメイク想像図◆

※2008年11月29日までプラチナの情報を纏めていたページを、
コラムページに移動して保管しているものなので、情報は全て当時のものです。


9月13日、DPマイナーチェンジの最新作『ポケットモンスター プラチナ』が発売され、
管理人も現在プレイ中です。土台となっているDP自体が金銀を意識した作品でしたが、
プラチナでは更にリメイクへの希望が強まる要素が幾つか追加されていましたので、
それら伏線のまとめと、プラチナによって抱いた金銀の想像図をまとめようと思います。
※プラチナをPt、ダイヤモンド・パール・プラチナをまとめてDPtと略します。

更新履歴  ⇒11月29日 ⇒10月1日 ⇒9月25日

11月29日

およそ2ヶ月ぶりの更新になりました。配布関連で新しい動きがあったので纏めます。

  • 「メンバーズカード」配布 (2008年12月1日〜2009年1月15日)
  • 「ひみつのカギ」配布 (2009年1月16日〜3月2日 ※配布は2回目)
  • 「オーキドのてがみ」配布 (2009年春)

    金銀リメイクに影響しそうなのは、この内特に「オーキドのてがみ」です。
    オーキドの手紙は通常プレイでは手に入らないレアアイテムで、これを持っていると
    チャンピオンロードの東にある224番道路でイベントが発生し、シェイミに会う事が出来ます。

    10月1日の記事でも扱いましたが、このイベントの中でオーキド博士は
    224番道路にある石碑を見て「カントーでも同じものが見つかった」という事を話してくれます。
    よってこのイベントは、金銀リメイク内のカントーと関係が深いのではないかとして、
    DP発売当初より金銀リメイクフラグの一つとして考えられてきました。
    DP時代は没になったものの、プラチナでイベントに色々と変更が加えられていたので、
    いずれ配布されるであろう事はほぼ確実でした。
    その上で、恐らくこのアイテムの配布機会はフェスタ等であろうという予測を立て、
    配布より前に金銀リメイクが発売される筈だと考え、来年夏前の発売が濃厚だと予想しました。

    しかし、「ひみつのかぎ」「メンバーズカード」がゲーム屋等で配布された時にもしやと思いましたが、
    「オーキドのてがみ」もフェスタ等のイベントでの配布ではなく、店頭での直接配布形式でした。

    それだけならともかく、一番の問題は配布開始時期が2009年春となっている事です。

    DPtと新金銀、この両方に対する配布がなされるという予想を立ててきたのですが、
    しかし2009年春までに金銀リメイクが発売するとは考えにくい。
    年明けの事も春と呼ぶ事がありますが、恐らくこの"春"は3月以降の事を指すと思われます。
    「メンバーズカード」の配信終了日が1月15日、そして「ひみつのカギ」の2回目の配布が
    1月16日〜3月2日。よってオーキドの手紙の配信は3月3日〜なのではないかと予想します。
    となると、あと3ヶ月余りで新金銀の発表〜発売がされるとは考えにくいのです。

    ------------

    ファイアレッド/リーフグリーンは発表から発売までが極端に早かったソフトでした。
    2003年〜2004年の発表の記録です。
    ・9月13日
    ・9月26日
    ・12月16日
    ・1月3日
    ・1月10日
    ・1月15日
    ・1月29日
    FR/LGを開発中と発表
    ワイヤレスアダプタ同梱を発表
    パッケージ発表
    発売日発表(1月29日)
    予約開始
    CM放送開始
    発売
    最初の発表から僅か4ヶ月半で発売というハイペース。
    その上なんと、発売日発表から1週間後に予約開始、26日後に発売。
    このようなペースでのゲームの発売の例は他にはそうありません。

    こういった例がある事から、新金銀の発表すらされていないという事に関して、
    リメイクを待ち望むファン達はあまり焦りを感じることはありませんでした。
    発表から発売までのペースが速いケースを考えての事です。

    しかし今回のオーキドの手紙配布前の発売という予想に関しては、
    さすがに厳しいという認識です。「ひみつのカギ」配信終了まで3ヶ月しかありません。
    たった3ヶ月の間に発表〜発売が行われるとは到底考えられません。
    よってオーキドの手紙配布前の発売という線はかなり薄れてしまいました。

    これでもしオーキドの手紙配布が3月3日からではなく、4月や5月の事であるなら
    まだ希望は見えてきます。この場合、すぐにでも発表されなければなりませんが…

    レアアイテムの配布自体は、複数回に渡って行われる事が多いので
    新金銀への配布も後々行われると思います。「ひみつのかぎ」も2回目ですしね。
    オーキドの手紙関連の予想は、次の機会を待つ事にしましょう。


    10月1日

    プラチナによってネット上の各所で金銀リメイクへの期待が高まっていたり予想がされていたりと、
    プラチナ本編の内容とは別の部分での盛り上がりも散見されます。
    特にMACさんのブログでの記事での『ミズキにイーブイをくれた人≠マサキ説』などは興味深い。
    色んな人が色んな予想や考察をしているようなので、面白い記事や考えを見つけた方は
    掲示板等で報告して下さるととても助かります。

    〜配布と新金銀のタイミング〜
    さて、まだ未発表の情報を堂々と扱うのは少し問題があるかもしれませんが、
    今回もまた公にされていない内部データに関する話をしたいと思います。

    DPにおいてバグを利用することによって行く事が出来る「しんげつじま」と「はなのらくえん」、
    それぞれダークライ・シェイミと固定シンボル戦闘が出来る小さなマップです。
    通常プレイでは手に入らない「メンバーズカード」という特殊なアイテムがあれば新月島に、
    同じく「オーキドの手紙」があれば花の楽園に行く事が出来るようになりますが、
    先述した通りダークライとシェイミは映画館での直接配布だった為これらのアイテムは
    配布されておらず、その存在すら未発表という状態です。

    しかし9月25日の記事に書いたとおり、PtのシェイミイベントではDPの同イベントとは違い
    マイが登場するという要素が追加されている為、いずれ何らかの形で配布される可能性が
    非常に高まっています。
    加えてイベント中の「カントーでも同じものが見つかった」というオーキドの台詞から、
    新金銀と関係があると考えられているこのイベントですが、これは要するに
    新金銀におけるカントーにも同様のイベントが用意されており、同じように配布によって
    イベントを発生させることができるのではないかというのが通説です。

    そしてここからが管理人の予想ですが、今後何らかの形で配布されるであろう特殊アイテム、
    これが配布されるのは新金銀が発売された後である可能性が高いのではないかと。
    恐らくオーキドの手紙はDPtだけじゃなく新金銀に向けても配布される可能性が高いと考えます。
    そしてその配布の機会の目安としては何といっても『ポケモンフェスタ』でしょう。
    過去にも○○チケットや古びた海図等をフェスタで配布し、イベントの目玉の一つとなっていました。

    しかし今年のフェスタは既に終了しており、そして今月半ばから年明けにかけて開催される
    ワールドチャンピオンシップスで配布されるという情報も今の所出ておらず、
    一番開催が早い兵庫県大会は10月12日と、開催が約10日後に迫っているため
    これから配布物の発表が突然行われる事は考えにくい。

    そうなると、今までの例から次の配布機会を考えると、まず筆頭に思いつくのは
    2009年夏ごろに開催されるであろうポケモンフェスタ2009
    2010年の夏となるとあまりにも時期が離れすぎており完全新作の情報も
    出ているような時期だと思われるので考えにくいでしょう。
    フェスタの他には、現在配布されている「ひみつのカギ」(ロトムのフォルムチェンジ用アイテム)
    と同様に全国のゲーム店などから通信で受け取るというケースも考えられますが、
    ポケモンレンジャーの配布同様、秘密のカギの早い時期での配布には
    プラチナ初動売り上げ増加の促進、定価≒で買ってもらうための商品戦略etc.
    といった目的が考えられますので、仮にこの配布方式で時期を外して手紙を配布しても
    あまりメリットがありません。強いて言うなら、クリスマス頃の配布には意味があるかな?程度。

    フェスタでの重要アイテムの配布には、来場者数を増やしたり、ポケモンセンター出張所での
    売り上げを伸ばす等の効果を多分に得られる筈ですので、メリットが多々あります。
    それに今年のようにゲームやカードの大会を含まない形態をとった場合には、
    ゲームユーザー達も沢山呼び込む事が出来る試みは重要になってくると思います。

    では、オーキドの手紙の配布機会をポケモンフェスタ2009と想定した場合どうなるのかというと、
    中段に書いたとおり、配布開始よりも前に新金銀が発売される可能性が高いとなれば、
    2009年夏までに新金銀が発売するという一つの予想を立てる事が出来ます。

    また、フェスタでの配布以外に、今年の映画前売り券の「二重特典」のような形で
    配布される可能性もあります。来年の映画館での配布が仮にアルセウスだとすると、
    前売り券で貰えるものがメンバーズカードやオーキドの手紙であるかもしれない。
    今年配布されたLv100のレジギガスも、ゲーム中の特殊イベントのフラグ立てが
    目的になっていましたから形式としては同じことですね。
    そしてこの「前売り券の特典説」を想定した場合はどうなるのかというと…
    2009年夏までに新金銀が発売する、という予想に再び辿り着くわけですね。映画は夏ですから。

    今までに色んな発売時期予想が立てられてきましたが、管理人なりの予想としては以上です。

    ・DPtには新金銀とも共通と推測できる配布アイテムがある
    ・配布されるのは新金銀より後と想定できる
    ・配布できるタイミングを考えると来年の夏ごろがあやしい
    ・配布前に発売という事は夏までに発売ということになる

    配布アイテムを受け取るためにはある程度ゲームを進める必要がありますので、
    進めるための時間を考えて配布よりも早めに発売すると思われます。
    よって来年の春〜初夏の辺りが濃厚なのではないかと考えています。
    FR/LG〜Emまでが8ヶ月しかなかった事を考えると、ありえない話ではないと思います。

    まぁこれらの予想がピッタリ当たるとは思っていませんが、何にせよ
    2009年でポケモン金銀の発売から10周年ですから、
    2009年内ほど新金銀を発売するタイミングとして相応しいものはないでしょうね。


    9月25日

    発売日に購入してから1週間ほどでクリア、クリアタイムは30時間弱。DPとあまり変わらず。
    発売前情報の通り、ナナカマド博士は主人公が旅に出る直前まで“カントー地方に居た”という設定が
    追加されており、ニューゲーム時に流れるTV番組も、「赤いギャラドスを追え!」ではなく
    カントーからシンオウに帰ってきたばかりのナナカマド博士へのインタビュー番組に変更。

    〜金銀カントーとナナカマドの関連性〜
    再確認。赤いギャラドスやその他金銀ワードから、DPtの時間軸上の位置は
    金銀とほぼ同位置であると考えられています。
    少なくとも、金銀の主人公がアサギジムを攻略した後、怒りの湖の事件を解決した後と考えられる為、
    金銀でのそれらの出来事よりも後の話であることはまず確定的です。
    また、Ptでヨスガシティにいるモブキャラの台詞から↓↓

     「知り合いの博士から聞いた話だが 育て屋にポケモンを2匹預けると
     タマゴらしきものが見つかる時があるらしいな
     それにしても……ウツギ君は元気だろうか?彼はなんだか地味だったからな」

     「知ってる?遠ーいジョウト地方でも タマゴが見つかったってよ!」

    このような話が聞けるため、“ジョウトでタマゴが見つかったという情報がホットな話題”という事になり、
    つまり時代が離れているわけではなく、寧ろかなり近いという事も分かります。
    以上の事から、DPtの時間軸上の位置は、金銀の怒りの湖の事件よりも後だが
    かなり近しい時代の話で、もしかすると怒りの湖〜シロガネ山のレッド撃破までの
    “間”に収まっている話である可能性も出てくるわけです。

    さて、Pt序盤の話に戻ります。
    ナナカマド博士は、Pt主人公が旅に出る直前まではカントー地方に居ました。
    この「直前」と言われている時代は、金銀の時代と被っている可能性が非常に高いのです。
    それこそ、「スクープを撮る」というテレビコトブキの体質から考えて、
    怒りの湖の事件も「赤いギャラドスを追え!」の「直前」の出来事であった筈です。
    つまり、金銀におけるカントーとナナカマド博士の関連性が新たに出てきたのではないかと、
    私はそのように考えているわけです。
    新金銀において、カントー地方でナナカマド博士と出会うイベントが追加されるのでは?
    という予想をしています。リメイクされたらまず間違いなく関連性が追加されるでしょう。

    ------------

    〜三犬の可能性〜
    PtではDPと比べて色んな世代の伝説のポケモンがゲットできるようになりました。
    シンオウの伝説のポケモンの他、映画の前売り券と引き換えに貰えるレジギガスが居ると
    レジロック・レジアイス・レジスチルの3匹と固定シンボルで戦闘することができ、
    更にゲームをクリアし全国図鑑を入手した後にオーキド博士と話しかけることによって
    シンオウ地方の草むらをサンダー・ファイヤー・フリーザーの3匹が徘徊するようになります。
    UMA、レジトリオ、伝説三鳥…4世代中3世代分の伝説のポケモン達がゲットできるわけです。

    そして唯一Ptでゲットできないのが、ジョウト地方の伝説三犬ライコウ・エンテイ・スイクン。
    この3匹だけがPtでゲット出来ない事実こそ、諸所で金銀リメイクへの期待と注目が
    高まっている最大の理由といえると思います。
    逆に言えば三鳥が出る事が確定した時、もし三犬までもがPtで出現したならば
    金銀リメイクの可能性は一気に低くなる恐れがあると不安でしたが、
    実際には綺麗に三犬のみを避けてのメンツという事になり安堵すると同時に、
    更に金銀リメイクへの期待感が大きくなりました。

    現環境では過去に配布されたチケットかGCのソフトを買わないと手に入らないルギアとホウオウ、
    コロシアムで手に入り個体値厳選がとても困難な三犬、FLでは低個体値固定の三犬、
    コロシアムでの入手orEmの図鑑完成でしか手に入らないジョウト御三家、
    これら希少性が高く人気も高いポケモン達が揃えば、たとえ現環境で図鑑が
    完成するとしても、新金銀の価値は高いといえると思います。
    もしこれにラティ兄弟などが追加されれば更に。

    ------------

    〜バグを乗り越えて…?〜
    DPで有名なバグ技の一つに「シェイミバグ」というものがありました。
    これは、本来ならば配布アイテムを使った特殊なイベントでしか入手できない
    シェイミとダークライの固有イベントを、バグによって無理やり発生させることが
    出来てしまうという、今までに例を見ない致命的なバグでした。

    このバグが発見された結果、シェイミとダークライの配布方法は
    イベントを発生させる限定アイテムの配布ではなく、映画館のスクリーンから
    直接シェイミ&ダークライをDSカードに送信するという方式になりました。
    その際、ダークライは通常では覚えない強力な技を覚えている特別仕様になり、
    シェイミに関しても映画館で受け取った個体でなければスカイフォルムに
    フォルムチェンジが出来ない仕様になっています。
    思うにこれはバグ技で誰でも簡単に入手できてしまう事への対策として
    急遽方向転換が行われたのではないかと、そう考えています。
    もしかしたらスカイフォルム自体も急遽作られたものかも…?

    というわけでお蔵入りしてしまったかに思えた封印されたイベントですが、
    PtにもDPと同じくイベントとマップはデータが含まれており、しかも
    シェイミイベントに追加が施されているということが発覚しました。
    具体的には、DPのシェイミイベントには登場しなかったキャラが登場して
    少し喋るといった内容の追加で、この追加があるということはつまり
    長い間封印されているイベントを発生させる計画があるという事になりそうです。

    シェイミイベントにはシェイミに関連した石碑が登場するのですが、
    この石碑を見たオーキド博士が「カントーでも同じものが見つかった」という話を
    すると言う事で、この時代のカントー=金銀のカントーという事になり、
    これもリメイクフラグの一つとして考えられてきました。
    そのフラグがバグ技発覚によって折られてしまったかに思えましたが、
    今回このような形でイベント発生の兆候が見られたため、
    リメイクを希望する人の間では良い傾向と捉えられています。



  • -TOPに戻る-